旅行ビギナー 前編

旅行体験談

 旅行ビギナー 前編
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

旅行ビギナー 前編

2012年10月。当時の私は愛媛県松山市にあるとある通信高校に通う2年生。名前の通り、普段は通信制に通っているが、毎年10月に今治にある本校で文化祭があり、通信制の生徒は事前に参加書類を提出して当日今治に行く。その時私はあることをしようと動き出す。それが旅行だ。目的地は、しまなみ海道を経由して1泊2日で尾道。
 なぜなら、
・小学の時にレンタルサイクルで四国と大島を往復した
・2011年(高校1年)10月の本校での文化祭が終わった後再びレンタルサイクルで四国と伯方島を往復した
が理由であり、この2つの思い出に共通することは、「いつかは尾道まで完全に制覇しよう」という野望を抱いていた。2012年の文化祭の直前、「だったら、次の文化祭が終わった後、家に帰らずそのまま旅行に行こう」と決心し、宿や橋の通行料金を
チェックして、当日を待った。

 そして当日。まずは自分の通学用自転車で市街地に行き、そこから特急で今治へ。後は駅でレンタルサイクルを申し込んでマウンテンバイクを借り、そのまま本校へ移動した。この文化祭は、本校の生徒はイベントを楽しみながらいろんなエリアを回るのに対し、通信制の生徒は手伝いとして接客や調理の補助を担当する。この文化祭の特徴は、バザーや販売はもちろん、ご当地グルメが現地で調理されており、その場で食べることが可能であること。また本校は幼稚園も建てられているので、遊具は園児で溢れ、飲食のテナントのテーブルの下には子供向けアニメの垂れ幕が付けられていた。この文化祭は特に大きなトラブルもなく無事に終了し、そして遂に旅行が始まる。前述した通り、すでにレンタルサイクルの手続きは完了しているため、終わったと同時に旅がスタートする。本校を出発し、まずは糸山へ。いい意味でこれといって変わった特徴がないので快適に飛ばしやすく、この先本当に尾道まで制覇するんだなぁと心がゾクゾクする。糸山から来島海峡大橋までは、歩行者やほかの自転車とのすれ違いにさえ気を付ければ走る楽しさと自転車を操る快適感で脳内が満たされる。過去の2つの思い出も走る楽しさと自転車を操る快適感は最高だったが、完全制覇が目的になると全くの格別だ。(しかもこの旅行の天気は2日間完全に晴れだった)

 来島海峡大橋から伯方・大島大橋までは、坂の割合が大半であり、四国から来たものならば、いきなり最大の難所に差し掛かる(ゲームに例えるならラスボスみたいな感じ)。それでも上り坂は短く、交通量も少ないので快適さは全く失っていない。(余談だが、小学の時は来島海峡大橋を渡った後にすぐに引き返しているため最大の難所は通過しておらず、高校1年の時は通過はしたが、往復かつ復路は日が沈んでいるうえ雨(本降り)が降り出したしまい、不快感になってしまった。)
これ以上書くと長くなるためいったんここで終了します。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!